6、7月の料理教室のご案内


6月の料理教室のご案内

「初夏の野菜たっぷり洋風おもてなし献立」というテーマで

youichihonda0351

メインはシャリアピンステーキ
カツオと夏野菜のみょうがサラダ
アスパラガスとオクラのすだちマリネ
カボチャの冷製ポタージュ
いんげんとオリーブのフジッリ をご紹介します。
他にも簡単なフルーツだったりとあれこれ準備中です。

6月23、24日の金、土曜で開催しますので、
こちらから詳細をご覧ください→料理教室dot
料理教室の申し込みはクッパッドのシステムに入っております。

7月のレッスンの情報も公開中ですので、そちらはこちらから

毎月第三水曜日に福島県いわき市でワンダーファームで
トマトを使った料理教室を開講しております。詳しくはこちら

レシピ考案、撮影、料理教室などのご依頼はinfoアットマークyouichi-honda.com 
アットマークを@に変更してください。

ぜひ、お待ちしております。

4月、5月の料理教室のご案内


料理教室のご案内

『プロのレシピ×本田よう一料理教室 dot』という屋号にして
クックパッドと連動して料理教室を毎月開催しております。

4月は「春野菜たっぷりの行楽弁当」を

youichihonda0215

ご紹介します。
柔らかもっちりの鶏つくねをメインに
これはさっぱりうまうまの梅照り焼き味で。

副菜が3つ
じゃがいもの味噌カンプラ と言う変わった名前ですが、
要するに甘辛みそ炒め。笑。
福島の郷土料理のひとつでご飯もビールも進んじゃう一品。
お弁当用に少しピリリとさせます。

そら豆とキャベツのごま和え
春野菜を二つ組み合わせて、ごまを絡めて、液漏れ防止に。
ある果物を入れて、より爽やかにしちゃいます。

ポケットスナップえんどう
しっとりふわっとしたスクランブルエッグを
スナップエンドウに詰めます。濃いグリーンと綺麗な黄色のコントラストが
可愛い一品になります。

炊き込みご飯はえんどう豆と桜海老を一緒に
おにぎりにしても。デイリーのお弁当にもおすすめです。
春になると必ず作りたくなる炊き込みご飯の一つ。

と盛りだくさんな内容で
お届けします。

日時は4月26日(水)11時〜と18時30分〜の2回です。
詳しい内容はこちらから

5月は「おうち中華でおもてなし」でご予約を受け付けております。
麻婆豆腐をメインに副菜を4つ
どれも手軽にできる副菜ばかりなので、一品困った時にもぴったりですよ。

youichihonda0216

まだ、平日だけなのですが、是非、ご参加いただけると
嬉しいです。

よろしくお願いします。

3月の料理教室のご案内


【料理教室のご案内】
クックパッド×プロのレシピ

本田よう一のおうちごはん料理教室

今回は懐かしいオムライスを中心に

youichihonda0108

オレンジ入りのコールスローや
エビのカレーじょうゆグリル、アスパラガスのスープに
盛りだくさんの内容でお届けします。

3月24日(金) 11:00〜14:00 と17:30〜20:30の
今回から夜も開講します。

詳細はこちら

教室も少しずつ、増やしていけたらいいなと思います。

仕事のご依頼もお待ちしております。
レシピ考案、料理教室、商品開発、講演会など料理にまつわることで
ご相談ください。

ふくごはんの日


昨日、木曜日はふくごはんの日。

今月のテーマ食材は「豆腐」
家庭料理にはなくてはならないありがたい存在です。
日が少し伸びてきましたが
まだまだ、寒いので、鍋が恋しい季節ですね。

youichihondaIMG_176201

「豆腐のピリ辛豆乳小鍋」をご紹介しております。
豆腐の定番鍋といえば、湯豆腐ですが、
豆腐の切り方を変えて、煮汁も変えると印象がグッと変わります。
豆乳でクリーミーな味わいとラー油でピリ辛にして、ごま油で風味をつけて
さあ、ハフハフしながら、いただきましょう。
詳しいレシピはこちらへ
     
今月の酒 会津錦 喜多方市
純米酒 「すっぺったこっぺった」です。
「すっぺったこっぺった」とは、「つべこべ言わずに」と言う方言。
喜多方産の飯米である福島県のブランド米「天のつぶ」を使用した純米酒です。やや辛口のスッキリとした味わいと誰しもが慣れしたんで来た食米の持つ本来の甘味も感じられます。

こちらのレシピは福島の新聞 民報の週刊情報ナビ タイムに転載しております。

ふくごはんのホームページはこちら、過去のレシピも是非、ご覧ください。

2月の料理教室のご案内


唐揚げ 和食ちょいおもてなし献立

youchihondaIMG_1878

今月は唐揚げをメインにして
和食の献立をご紹介していきます。

家庭料理の定番 唐揚げをふっくらジューシーに揚げます。
タレも2種類カンタンなものを一緒にご紹介します。

今回は和食で、春野菜の出始めの
新玉ねぎを使ったお吸い物やイチゴとかぶの洋風白和え

冬の名残の根菜を使って、こんにゃくと長芋のおかか煮、
れんこんのマスタードきんぴらを作ります。

常備菜としても使えて、手軽なおもてなしにも使える
便利な献立です。常備菜はお弁当に入れてもおすすめです。

基本の唐揚げをしっかりマスターすれば、
どんなパーティーシーンでも一品鉄板を持っているって強いですよ!

2月22日(水)11時〜
6人だけの少人数の教室です。

どなたでも気軽にご参加いただけます。
デモンストレーションが中心で少しだけ
ポイントのところをお手伝いしてもらいます。

詳しいお申込みは
こちらから

ふくごはん更新!


本日、木曜日はふくごはんの日。
更新、、、久しぶりですが。。。これからじわじわ更新予定です。
早いのがいい方は、僕のfacebookをご覧ください。

今月のテーマ食材は「トマト」です。
トマトは産地によって味わいが大きく異なります。
福島県内では、いわき、南郷、矢吹などその土地に合わせたトマト栽培をしています。今回の産地は会津若松市神指町高久のトマトで完熟した甘さの余韻が長く、酸味も程よくあります。産地で食べ比べをするのも楽しいですね。
今回は

youichihondaIMG_082201
「カニサラダのトマトサンド」をご紹介しております。

カニ風味かまぼこを使って手軽に
盛り付けを変えるといつものトマトサラダも
印象がグッと変わります。
詳しいレシピはこちらから
    

お酒も変わります!
二本松市の檜物屋(ひものや)酒造店の奥州 安達ヶ原
「清酒 黒塚」です。
精米歩合50%の本醸造原酒 で、原酒ならではの太さのあるしっかりとした米の旨味と日本酒らしいずっしりとした香りも楽しんでください。今回は冷もいいのですが、氷を加えて少し加水しながらちびちびと飲むもオススメです。

こちらのレシピは
福島民報新聞情報ナビ タイムに転載しております。
 

今日のドミソラ2は?KFB福島放送


今日のドミソラ2は?KFB福島放送

本田よう一のうれシピ

6月になり、テーマ食材が「鶏肉」に
今週は
youichihondaIMG_0262

「鶏そぼろと春雨のおかずサラダ」をご紹介しております。

ひき肉を甘辛く、少しピリリとさせたそぼろに
レモンを効かせて、爽やかに
春雨と水菜はつるりとシャキシャキで食感も楽しく。

詳しいレシピはこちらから

この後、朝9:30〜

今日のドミソラ2は?福島放送


今日のドミソラ2は?KFB福島放送
本田よう一のうれシピ
今月はお弁当をテーマにお届けしております。

youichihonda4B1A8641

今週は「オムライス弁当」をご紹介。
一人前でパパッと作れるように
レンジでケチャップライスを
付け合せも手軽なもので
ちょっと小瓶に入れたりすると雰囲気も変わります。

詳しいレシピはこちらから
  
僕は郡山市のビックパレットで
arukuセレクションで
デモンストレーションと試食をご用意しております。
11時〜、14時〜と50名様限定にはなります。
他のブースも楽しそうなので、
ぜひ、足を運んでみてくださいませ!

詳しくはこちらから
    

今日のドミソラ2は?KFB福島放送


今日のドミソラ2は?KFB福島放送

本田よう一のうれシピ
今月はお弁当をテーマにお届けしております。

今週は「3色弁当」を

youichihonda4B1A8653

鮭フレーク、マヨ卵そぼろ、きゅうりの浅漬けと
この3つを作っておくと
大人弁当にも子供弁当にもアレンジが効きやすいので
オススメです。
詳しいレシピはこちらから

この後、朝9:30〜

ふくごはん更新!


本日、木曜日はふくごはんの日。

今月のテーマ食材は
今月の食材は北会津の宮袋いちご研究会の「紅ほっぺ」です。

旬の終わりに迎える名残のいちごは、
かんだ瞬間に溢れる果汁と食べ応えのある果肉が魅力です。
今シーズン最後のいちごを楽しんでください。

youichihonda4B1A8604

「いちごのメイプルペッパーマリネ」を
ご紹介しております。

メイプルシロップでいちごとは違う種類の甘さを加えて、
味に奥行きを持たせて、たっぷりの粗びき黒こしょうで
ピリリと味を引き締めます。
モッツァレラチーズといちごの組み合わせ大好きです。
詳しいレシピはこちらから
    

今月の酒は「大吟醸」(名倉山酒造株式会社(会津若松市))
甘・酸・辛・苦・渋と五つの味のバランスが取れ、
そこに軽快な吟醸香との「香味の調和」がまとまっています。
名倉山酒造 東北鑑評会17年連続金賞受賞をささえてきた、名倉山の代表酒です。鑑評会出品に向け、最高の原料・技・条件で造られた酒で、フルーティーな香りと抵抗感のない飲み口が好評です。
いちごの甘さと合わせて、すっきりと最後まで楽しめますよ。